TRUCK FURNITURE BACKSTORIES by TOKUHIKO KISE

SUTTO DAY BED

February 17 2015

デイベッドという響きが気になっていた。
どこか気持ち良さそうな、陽だまりの暖かさも含めて想像していた。

自分の育った家にはもちろんなかったし、友人知人の家でも見たことがなかった。
昼用のベッドなのか、夜は使わないのか、もしそうなら、なんと贅沢。昼専用って。
寝るものか座るものか?どうするものか?よくわからない。

でも、なぜかずっと気になっていたし、いつか作ってみたいと心のどこかで思っていた。

そしてその時が来た。作ってみることにした。突然スイッチが入った。
いつものノートに4Bの筆圧の強い線で何度も同じような絵を繰り返し描く。
そのうちにだんだんと見えてくる。どこをどうしたいのか。自分が欲しいデイベッド。

ちょうどその頃に作ってもらっていたウールとコットンの布地、色は軍モノ的なオリーブ。
これがピッタリだと思った。エレガントな奥様仕様ではなく、野性味ある機能重視仕様。
野営テントにズラッと並んでいてほしい。そんな男前仕様のデイベッド。
コーナーを細かくアラレに組んで作った木枠に鉄の脚。
硬さや沈み具合を何度も試してみる。座っても寝転んでもいい具合を模索する。

形になったのでさっそく家に持って帰って部屋に置いてみた。
祝、人生初デイベッド。
見た目はいい。さて、これからどう使えるのか。

まず、昼ごはんの後に目が合った。ちょっと横になってみる。
両端に置いた羽のクッションが優しい。足を伸ばしてクッションに乗せる。
気がつくと、15分くらいストンと寝ていた。

昼にベッドに入って寝るのはあまりにも本気で寝るようで、かといってソファで横になって、ともまた違う。
そんな微妙なところに役割があった。

寝るだけでなく、ベンチ的に気軽にふと座れる。すっと立ち上がれる。
壁に寄せて置けば、クッションの使い方でソファにもなる!と、どんどん存在感を増していくデイベッド君。
もちろん友達が泊まる時はベッドとして。
一家に一台デイベッド。そんなことになる日も近い!?

もう少し優しいのがお好みのあなたには、木製の脚もあります。

TRUCK FURNITURE_ 208. SUTTO DAY BED