SPECIAL EDITION

TRUCK FURNITURE 20th Aniversary EST.1997

It has been 20 years since we first opened TRUCK in January 1997. We feel the same way about furniture now as we did then. We make the kind of furniture that we ourselves would want and would want to use for a lifetime. When people come across our products and think that they're good ? that alone makes us happy. Even if it is a piece of furniture that we make every day, to our customers, it is their one, special piece that they will have for life. So we must make it right. We must make it better. We don't cut corners ? we strive to make products that are honest all around. And that will never change.

1997年1月にTRUCKをオープンしてから気がつけば20年。幸せなことに、ずっと変わらずに同じ気持ち。流行に流されず、自分たちが欲しい、ずっと使いたいと思う家具を作る。それをわかってくれる人が手にとってくれて、それをいいと言ってもらえればそれで幸せ。お客さんにとってはそのひとつがずっとの家具。だからちゃんと作らないと。ちょっとでもいいものにして渡したい。裏側の見えないところでも嘘のないものを正直に作りたい。これからもこの気持ちは変わらない。

It has been 20 years since we first opened TRUCK in January 1997. We feel the same way about furniture now as we did then. We make the kind of furniture that we ourselves would want and would want to use for a lifetime. When people come across our products and think that they're good ? that alone makes us happy. Even if it is a piece of furniture that we make every day, to our customers, it is their one, special piece that they will have for life. So we must make it right. We must make it better. We don't cut corners ? we strive to make products that are honest all around. And that will never change.

RELEASE

TRUCK FURNITURE 20th Anniversary

GOOD DAY MUSIC

LP/PROT-7019
CD/UICZ-1669

For TRUCK’s 20th Anniversary, we will be releasing a compilation CD and LP record with Universal Music! The track listing is a selection of TRUCK’s Tok Kise and Hiromi Karatsu’s favorite songs that span the genres of blues, soul, rock, and jazz. As even the photo on the jacket was taken by the couple themselves in their home, this album embodies the atmosphere and style of TRUCK. Not only that, it includes a song written for them by their longtime friend of over fifteen years, Masayoshi Yamazaki, entitled “DOUGHNUT”.

Any purchase from TRUCK of the either the CD or LP record will include a special edition sticker! The LP record is available in limited quantities only at TRUCK (both in-store and online).

*The number of tracks on the CD and LP are different.

ONLINE SHOP

UNIVERSAL MUSIC JAPAN
www.universal-music.co.jp/truck-furniture

TRUCK FURNITURE
20th Anniversary

GOOD DAY MUSIC

LP/PROT-7019
CD/UICZ-1669

For TRUCK’s 20th Anniversary, we will be releasing a compilation CD and LP record with Universal Music! The track listing is a selection of TRUCK’s Tok Kise and Hiromi Karatsu’s favorite songs that span the genres of blues, soul, rock, and jazz. As even the photo on the jacket was taken by the couple themselves in their home, this album embodies the atmosphere and style of TRUCK. Not only that, it includes a song written for them by their longtime friend of over fifteen years, Masayoshi Yamazaki, entitled “DOUGHNUT”.

Any purchase from TRUCK of the either the CD or LP record will include a special edition sticker! The LP record is available in limited quantities only at TRUCK (both in-store and online).

*The number of tracks on the CD and LP are different.

ONLINE SHOP

UNIVERSAL MUSIC JAPAN
www.universal-music.co.jp/truck-furniture

CD

|

LP

Compiled by Tokuhiko Kise, Hiromi Karatsu (TRUCK)
Special Thanks : Masayoshi Yamazaki


〜 黄瀬徳彦のライナーノーツより抜粋

まずは選曲。好きな曲や思い入れのある曲、思い出のある曲をフォルダーに入れていく。ジャケットのイメージも練っていく。TRUCKのカタログ同様、いつものようにジャケット写真はひりんこが自宅で撮影。もちろんワン達も総出演。長年の付き合いになるアートディレクター野口さんとデザインを進めていく。楽しい。もちろん楽しいが何故かどこかに空洞感があった。
家具を作って生きてきた。家具だけでなく、モノづくりが楽しい。それは文章を書く事も同じで、自分で何かを生み出すのが好き。でも、このLPレコードとCDはただ好きな曲を集めただけ。ミュージシャンでなく家具屋なので、そこに自分の曲はもちろんない。わかっているけど。
ある日、仲良しのパン屋 タケウチさんのお店 “生瀬ヒュッテ”でいつものようにタケウチさんの溢れ出すパンのアイデアを聞いていた。そしてなぜかその空洞感の話になった。すると「黄瀬さんの曲を入れた方がいいです!絶対に。どんなブーイングがあろうとその方が楽しいです!」とタケウチさんは熱く強く繰り返した。まさかと思ったけど、すぐにその気になってその日の晩にギターをつま弾き曲を作ってみた。翌日、ひりんこに聴かせるとどうもコードがおかしいと言う。11歳の娘、日菜も同じく。そして日菜はピアノで弾いてみて、ひとつ新しいコードを見つけて付け足した。ひりんこもそれでしっくりきたと納得。うちのレディースはすごい。そうして家族総出で作った曲は、控えめなボリュームでCDのみにコソッと収録した。

家具屋なのに、なぜかミュージシャンの知り合いが多いTRUCK。もうかれこれ15年来の友人、まさやん(山崎まさよし)にTRUCKとカフェBirdの曲を作ってもらうことになった。さすが僕たちの好きな感じをよくわかってくれていて、なんともイカしたギターとブルースハープ。その中からドーナツの曲を収録した。まさやん、ありがとう!!
最後に、ここに収めた曲はブルース、ラグタイム、ロックにレゲエ、ソウル、ジャズとジャンルはいろいろ。でも、それぞれに何かグッとくるものがあって自分の引き出しのよく見える所に居続けている、TRUCKの店や家具を作っている背景にずっと流れてきた音楽。たぶん、これらもTRUCKの家具に少し練りこまれているんだと思う。そしてTRUCKの世界観の大事な要素のひとつになっている。

  1. DOUGHNUT
    Masayoshi Yamazaki
  2. WALK ON
    Sonny Terry And Brownie McGhee
  3. BABY YOU GOTTA
    CHANGE YOUR MIND
    Blind Boy Fuller
  4. DIDDIE WA DIDDIE NO.2
    Blind Blake
  5. BLOW WIND BLOW
    Muddy Waters & Otis Spann
  6. THE WEIGHT
    The Band
  7. DON’T THINK TWICE, IT’S ALL RIGHT
    Bob Dylan
  8. YOU CAN GET IT IF YOU REALLY WANT
    Jimmy Cliff
  9. (SITTIN’ ON) THE DOCK OF THE BAY
    Otis Redding
  1. A WHITER SHADE OF PALE
    Procol Harum
  2. MY BUDDY
    Chet Baker
  3. I AIN’T GOT NOTHING BUT
    THE BLUES
    Ella Fitzgerald, Joe Pass
  4. THEY CAN’T TAKE THAT AWAY
    FROM ME
    Billie Holiday
  5. MISTY
    Erroll Garner
  6. MO’ BETTER BLUES
    Branford Marsalis Quartet
    feat. Terence Blanchard
  7. MERCEDES BENZ
    Janis Joplin
  8. TODAY WAS A GOOD DAY, TOO
    Tokuhiko Kise

SIDE 1

  1. DOUGHNUT
    Masayoshi Yamazaki
  2. WALK ON
    Sonny Terry And Brownie McGhee
  3. BABY YOU GOTTA CHANGE YOUR MIND
    Blind Boy Fuller
  4. BLOW WIND BLOW
    Muddy Waters & Otis Spann
  5. THE WEIGHT
    The Band
  6. DON’T THINK TWICE, IT’S ALL RIGHT
    Bob Dylan
  7. YOU CAN GET IT IF YOU REALLY WANT
    Jimmy Cliff

SIDE 2

  1. (SITTIN’ ON) THE DOCK OF THE BAY
    Otis Redding
  2. A WHITER SHADE OF PALE
    Procol Harum
  3. MY BUDDY
    Chet Baker
  4. THEY CAN’T TAKE THAT AWAY FROM ME
    Billie Holiday
  5. MISTY
    Erroll Garner
  6. MO’ BETTER BLUES
    Branford Marsalis Quartet feat. Terence Blanchard
  7. MERCEDES BENZ
    Janis Joplin

〜 黄瀬徳彦のライナーノーツより抜粋

まずは選曲。好きな曲や思い入れのある曲、思い出のある曲をフォルダーに入れていく。ジャケットのイメージも練っていく。TRUCKのカタログ同様、いつものようにジャケット写真はひりんこが自宅で撮影。もちろんワン達も総出演。長年の付き合いになるアートディレクター野口さんとデザインを進めていく。楽しい。もちろん楽しいが何故かどこかに空洞感があった。
家具を作って生きてきた。家具だけでなく、モノづくりが楽しい。それは文章を書く事も同じで、自分で何かを生み出すのが好き。でも、このLPレコードとCDはただ好きな曲を集めただけ。ミュージシャンでなく家具屋なので、そこに自分の曲はもちろんない。わかっているけど。
ある日、仲良しのパン屋 タケウチさんのお店 “生瀬ヒュッテ”でいつものようにタケウチさんの溢れ出すパンのアイデアを聞いていた。そしてなぜかその空洞感の話になった。すると「黄瀬さんの曲を入れた方がいいです!絶対に。どんなブーイングがあろうとその方が楽しいです!」とタケウチさんは熱く強く繰り返した。まさかと思ったけど、すぐにその気になってその日の晩にギターをつま弾き曲を作ってみた。翌日、ひりんこに聴かせるとどうもコードがおかしいと言う。11歳の娘、日菜も同じく。そして日菜はピアノで弾いてみて、ひとつ新しいコードを見つけて付け足した。ひりんこもそれでしっくりきたと納得。うちのレディースはすごい。そうして家族総出で作った曲は、控えめなボリュームでCDのみにコソッと収録した。

家具屋なのに、なぜかミュージシャンの知り合いが多いTRUCK。もうかれこれ15年来の友人、まさやん(山崎まさよし)にTRUCKとカフェBirdの曲を作ってもらうことになった。さすが僕たちの好きな感じをよくわかってくれていて、なんともイカしたギターとブルースハープ。その中からドーナツの曲を収録した。まさやん、ありがとう!!
最後に、ここに収めた曲はブルース、ラグタイム、ロックにレゲエ、ソウル、ジャズとジャンルはいろいろ。でも、それぞれに何かグッとくるものがあって自分の引き出しのよく見える所に居続けている、TRUCKの店や家具を作っている背景にずっと流れてきた音楽。たぶん、これらもTRUCKの家具に少し練りこまれているんだと思う。そしてTRUCKの世界観の大事な要素のひとつになっている。

PRODUCTS

20th ANNIVERSARY SPECIAL EDITION #1

FURROWED-LEATHER ARM CHAIR
WOOD FRAME

PRODUCTS

20th ANNIVERSARY SPECIAL EDITION #1

FURROWED-LEATHER ARM CHAIR
WOOD FRAME

Our Furrowed-Leather Arm Chair, with its thin and light steel frame and furrowed-leather seat, has been a steady favorite of our customers ever since its release. Twenty years later, we kept its comfortable and spacious width and replaced the original steel frame with a new one of Japanese oak. The seat, which was formerly only available in leather, is now also available in multiple choices of fabric. The atmosphere and comfort that the chair creates allows you to spend a little time out of your busy everyday life comfortably, perhaps even with one of your favorite books.

20th ANNIVERSARY SPECIAL EDITION #2

POSTER and FRAME

We created a poster celebrating both the new release of our
Oak Frame Furrowed-Leather Arm Chair and TRUCK's 20th anniversary.
One poster comes with each Oak Frame Furrowed-Leather Arm Chair purchase (poster frame sold separately).

ONLINE SHOP

20th ANNIVERSARY SPECIAL EDITION #3

DENIM JACKET

In 2004, “THE CRACKER” made a workwear denim jacket exclusively for TRUCK staff.
Over the past thirteen years, making mends here and there, the staff have worn and cared for their jackets.
Now, it has been re-released as a 20th anniversary edition, available in limited quantities.
It’s a whole new feeling to slip your arms in through the sleeves of the renewed jacket.

ONLINE SHOP

MAKING TRUCK
1996-2006

January 1997, Tamatsukuri, Osaka. It was here, in an area with not so much as another shop around, that we, Tokuhiko Kise and Hiromi Karatsu, with our Labrador, Buddy, first opened our furniture store, TRUCK. We never follow popular trends; instead, we make and sell furniture that we ourselves would want. TRUCK furniture isn't sold wholesale to anyone anywhere else; it is only found under our own roof where we ourselves can watch over and care for it. Because we care about not just the furniture but also the space in which it is in, we have also made and designed our store space by ourselves. We want to take a look back on the thirteen years from the first opening of TRUCK in the dilapidated, ghost-like building that we rented in 1996, to the store's move to our current location in Asahi-ku in December 2009.

READ MORE

MAKING TRUCKBACK TO 1996

20th ANNIVERSARY EVENT #3

ライヴは終了しました。ありがとうございました!

20th ANNIVERSARY EVENT #3

2017.11.12 SUN at TRUCK

TRUCK 20th Anniversary
Special Show !!

スカンク兄弟ライヴ

アートディレクター、カメラマン、ライター、料理家などいろんな分野で活躍するクリエーター4人による社会人バンド”スカンク兄弟”。彼らのアルバムには原田郁子もピアノ、コーラスで参加、2007年にはフジロックにも出演!ホントに楽しそうなイカしたおっさん達のライヴを見ていると、なんか羨ましくてズルい!と思ってしまう。さらに、とびきりかっこいい畑さんのギターとボーカルはじーんと胸に染み渡ることまちがいなし!今回、ドラムの小林ケンケン健太郎は現在、絶賛リハビリ中のため参加ならず。次回参加に期待!

“スカンク兄弟の『何度でも言いたい』”
5:00PM 開場 6:00PM 開演
前売 ¥2500 当日 ¥3000

TICKETS

READ MORE

20th ANNIVERSARY EVENT #3

ライヴは終了しました。ありがとうございました!

2017.11.12 SUN at TRUCK
TRUCK 20th Anniversary Special Show !!

スカンク兄弟ライヴ

アートディレクター、カメラマン、ライター、料理家などいろんな分野で活躍するクリエーター4人による社会人バンド”スカンク兄弟”。彼らのアルバムには原田郁子もピアノ、コーラスで参加、2007年にはフジロックにも出演!ホントに楽しそうなイカしたおっさん達のライヴを見ていると、なんか羨ましくてズルい!と思ってしまう。さらに、とびきりかっこいい畑さんのギターとボーカルはじーんと胸に染み渡ることまちがいなし!今回、ドラムの小林ケンケン健太郎は現在、絶賛リハビリ中のため参加ならず。次回参加に期待!

5:00PM 開場 6:00PM 開演 / 前売 ¥2500 当日 ¥3000

2017.11.12 SUN at TRUCK
TRUCK 20th Anniversary Special Show !!

スカンク兄弟 プロフィール

スカンク兄弟の『何度でも言いたい』

5:00PM 開場 6:00PM 開演 / 前売 ¥2500 当日 ¥3000

TICKETS

2006年結成。畑モジャ俊行(歌とギター)、マドロス陽一(ベース)、有山オレサマ達也(パーカッション)、小林ケンケン健太郎(ドラム)の4人組。昨年、結成10周年を迎えるもバンド活動を休業。しかし2017年11月12日! 観客の熱い声援に応え、満を持して音楽のリングにカムバックする。ふただび王座は奪還できるか!?これまでに『あこがれ』、『セコンド』など3枚のアルバムをリリース。それはまるでチャンピオンベルトのように輝く!
www.skunk-bros.net

↓ 試聴はこちらから
> 1stアルバム『あこがれ』
> 2ndアルバム『セコンド』
> ライブアルバム『スカンク兄弟の夕べ』

READ MORE

メンバー プロフィール

畑モジャ俊行
1971年ニューヨークで生まれ、広島で育つ。ヴォーカル、ギター。ほぼすべての曲の作曲も手がける。モジャがいなければスカンク兄弟は始まらない。漂う哀愁とはじける魂を、歯切れの良い歌声にのせてお届けする。ギタリストとしても最も愛すべき愛されるべき存在であることはまったく間違いない。あらゆる面で兄弟の音楽的支柱であり、モジャ抜きでは各自のギターの弦の張り替えさえままならない。ラッキーストライクが世界でいちばん似合う男。

マドロス陽一
1968年大阪で生まれ、福岡で育つ。ベース、コーラス、ヴォーカル。ほぼすべての曲の歌詞はマドロスによるもの。まず詞があって曲をつけるスカンク兄弟のやり方においては、マドロスの動向こそがバンドの制作の動向そのものである。涼しい顔の裏側にまっすぐな男気と一途な愛を秘め、大胆かつ繊細に言葉を紡ぎ出す。ごきげんなベースを弾いたかと思ったら、多くのハモリ部分とリードヴォーカル曲では乾いていながらあたたかな歌声もお届けする。

有山オレサマ達也
1966 年埼玉で生まれ、埼玉、佐賀、千葉で育つ。ボンゴ、その他パーカッション、ギター、ドラムス、ホイッスル、コーラス、ヴォーカル。モジャが兄弟の音楽的支柱なら、やんちゃさと冷徹さを併せ持つオレサマは兄弟の精神的支柱である。兄弟間での呼び名は当然「長兄」。もちろん背もいちばん高い。兄弟全員が長兄の意向を気にしているが、本人は全く気にしていない。自由なリズムと甘く芯があってしかし儚い歌声は、どんな時も優しく切なく兄弟の胸に染み入る。

小林ケンケン健太郎
1972年東京で生まれ、東京で育つ。ドラムス、ギター、ウクレレ、パーカッション、コーラス、ヴォーカル。途中加入の兄弟きっての二枚目。ナイスガイの末弟。メールの返信は遅く、車の運転は速 い。情には薄く、毛は濃い。「ケンケンの加入によってスカンクは厚みが増したよ」「見た目が」とよく言われる。いやだと言いながら歌ってしまうお調子者で、二枚目な歌声も存分にお届けする。

文=小林ケンケン健太郎